唐木 芳和(からき よしかず)

2018年02月23日 | インストラクタープロフィール

インストラクター2級・ファシリテーター
活動地域:全国

プロフィール

経営コンサルタント

感情の取り扱い力を高めれば、成果も変わる――ー

はじめまして。唐木と申します。

私の実家は元々、「町の電器屋さん」を営んでいました。

でも、個人商店にありがちなドンブリ勘定で商売はうまくいかず。

そこで当時の私はこう思いました。

「知識やノウハウさえあれば、
 救われる人はたくさんいるはずなのに」と。

結局、創業者である父の生涯と共に店も幕を閉じました。

ただ、「同じような立場の中小企業のお役に立ちたい」と思ったこと。
それが「経営コンサルタントになろう」と思った原点です。

ですが、いざ、経営コンサルタントになってみると「とまどうことばかり」でした。

「高い確率でうまくいく提案」を社長に行っても、

●「それ、いいですね」と、口では言いながら、やらない
●一応納得した風で取り組むも、うまくいかない
●強引に前に進めて大きな成果を挙げるも、病んだり、社員が辞めたりする

など、知識やノウハウだけでは不具合が起きることが多々発生しました。

もちろん、私の技術不足もあります。
ですが、

「何かおかしいぞ」
「聞いてる話と違うぞ」
「ノウハウさえあればうまくいくんじゃないの?」

その心の声、違和感は日に日に大きくなり、
クライアントにだけでなく、自分にもどんどん不具合が出てきました。

そこで出会ったのが「4nessコーピング」です。

結局、ノウハウは使う人により、成果がまるで変わります。
その土台となるのは「感情」です。

と、いうことは、
感情の取り扱い力を高めれば、成果も変わる――ー

私は、4nessコーピングは感情の取り扱い力を高めるに
非常に有効なツールだと実感します。

例えば、クライアントに応用してみれば、
変化やトラブルへの対処ではなく、本質的な課題にアプローチできます。
顧客も自らに納得して舵取りが出来ます。
結果、判断を見誤ることも少なくなります。

自分に応用してみても同じような効果は実感しますが、
何より、少しずつですが「本当に自分がやりたいこと」にも近づけます。

ビジネス的な成果よりはるかに大事なご自身のこと。
一緒に探してみませんか?

より生きやすくなる。
より成果が出やすくなる。
問題と思っていたことが問題でなくなる。

そんなあなたの大切な成果に対し、
一緒に取り組めると嬉しいなと思います。

ひとこと

「自分らしく」という言葉は
使い古された言葉かもしれませんが、自分を活かすため。
ご自身によい変化をもたらしたい方には、
是非、体感していただきたいと思います。

受講生からのお声